遊戯王デュエルリンクスのシンクロ召喚について考察してみました。

 

デュエルリンクス シンクロ召喚

シンクロ召喚とは?

自分フィールド上に、シンクロ召喚したいシンクロモンスターの素材となるモンスターを揃えて準備します。
素材となるモンスターは表側表示であれば攻撃表示でも守備表示でも構いません。

必要なモンスターが自分フィールド上に揃ったら、自分のメインフェイズ時に「シンクロ召喚」を宣言します。
素材として使用する自分フィールドのモンスターとチューナーを墓地へ送ります。

墓地へ送ったモンスターを素材とするシンクロモンスターをエクストラデッキから取り出し、フィールド上に出します。
これでシンクロ召喚完了です。
シンクロモンスターを特殊召喚する場合、シンクロモンスターは表側攻撃表示・表側守備表示のどちらの形式で出しても構いません。

というような流れで行われる特殊召喚の一種です。

 

シンクロ召喚に必要なカードが存在します

デュエルリンクス チューナーモンスター
カードの説明書きにもチューナーって書いてあるのがシンクロ召喚に使えるカードです

 

シンクロモンスターを召喚できる条件とは?

チューナーとチューナー以外のモンスターのレベルの(星)合計がシンクロモンスターと同じレベル(星)の数になったらシンクロ召還ということができるようになります。

デュエルリンクス シンクロ召喚
また、チューナーとチューナー以外といった単純なことではなく時にはシンクロに指定がかかっていることがあります。

例 (地属性モンスターチューナーと地属性チューナーではない地属性モンスター)

 

 

シンクロ召喚の手順

手順1:フィールドに素材となるモンスターを召喚

シンクロ召喚に使う素材モンスターは、フィールドに出ている状態のものでなければならない。条件にあうモンスターを召喚しておこう。

手順2:シンクロ召喚を宣言し素材を墓地に送る

シンクロ召喚を宣言し、素材を墓地へ送る・

手順3:エクストラデッキからシンクロモンスターを召喚

素材を墓地に送ったら、シンクロモンスターをエクストラデッキから召喚しよう。これでシンクロ召喚は成功。

 

シンクロ召喚の強い/弱い点

シンクロ召喚の強い点

少ないパーツで強力なモンスターを召喚できる

シンクロ召喚に必要なものはチューナーモンスターと非チューナーのみ。さらにシンクロモンスターには強力な効果を持ったものも多く、手軽に強力モンスターを召喚できる。

チューナーは素材をそろえることが得意なものも

:p:チューナーモンスターには、自身の効果で他のモンスターを特殊召喚できるものも数多く存在する。そういったカードを使えば、複数体の素材モンスターを揃えるのはそれほど苦労しない。

 

シンクロ召喚の弱い点

レベルがぴったり合っていないと召喚できない

シンクロ召喚はレベルがぴったり合っていないと行えない。レベル10分のモンスターを素材にレベル8のシンクロモンスター召喚!などは行えないので注意。

チューナーモンスターは1体のみ

基本的に、1度のシンクロ召喚ではチューナーは1体のみ使用する。チューナー無しやチューナーを2体以上使ったシンクロ召喚は行えない。

 

さてシンクロ召喚の紹介はこの辺にしておいて、

シンクロ召喚が登場した第6期で登場したカードがこの動画に出てくる「カード・フリッパー」というカードなんですが、
可能性は低い気がしますが、もしかしたらシンクロ召喚が実装されるかもしれませんね。

カードフリッパー デュエルリンクス シンクロ召喚
 

検証した、公式の動画も貼っておきますね。

だいたい15秒あたりで出てきます。

海馬が「ガラス細工の自身を粉々にしてやる」というセリフの前後ですね。

 


 

遊戯王デュエルリンクス攻略日記より
遊戯王デュエルリンクスの【デュエルリンクス】シンクロ召喚は実装されるのか?動画で検証という攻略情報をお伝えいたしました。もしければ、フォローしてもらえると嬉しいです。