通常召喚とは?

デュエルリンクス エルフの剣士

手札からモンスターをフィールドへ

通常召喚というのは、単純に言えば、手札からモンスターをフィールドに出すことを指します。
また、表側攻撃表示で出すことを「召喚」、
裏側守備表示で出すことを「セット」と呼ぶようです。

 

1ターンに1度のみ

基本的には通常召喚は1ターンに1度しかできない。
またそのターンに通常召喚ができるかは、遊戯王の世界では、

「召喚権」

という言葉で扱われることが多いようです。

 

「召喚」といったら表側攻撃表示

カード内の説明文などで「召喚」という言葉が使われている時は表側攻撃表示の通常召喚のことを言います。

 

アドバンス召喚ってなに?

デュエルリンクス デーモンの召喚
 

アドバンス召喚=生贄召喚

アドバンス召喚とは、召喚権を使って上級モンスターを召喚すること。初期の頃は、生贄召喚と呼ばれていましたが、現在では「アドバンス召喚」と呼ぶ。

 

上級モンスターを召喚するには自分のモンスターをリリースが必要

アドバンス召喚(上級モンスター召喚)するには、生贄として自分フィールドのモンスターをリリースする必要がある。
上級モンスター(レベル5~6)なら1体、
最上級モンスター(レベル7以上)なら2体のモンスターをリリースする必要がある。

 

アドバンスセットも可能

非公式の名称ですが、フィールド上のモンスターをリリースして、上級モンスターを裏側守備表示で通常召喚する行為の俗称。

 

召喚権とは

デュエルリンクス 二重召喚
 

通常召喚する際に消費する権利

召喚権とは、1ターンに1度の通常召喚できる権利の事を表した言葉です。
非公式のようですが、ユーザーが分かりやすくするために考え出した俗称のようですね。

 

特殊召喚は召喚権を使わない

特殊召喚は召喚権を消費しない。
そのため特殊召喚は条件さえそろえば1ターンに何度でも行える。

遊戯王デュエルリンクス攻略日記より
遊戯王デュエルリンクスの【デュエルリンクス】デュエルバトル中の通常召喚と召喚権、アドバンス召喚についてという攻略情報をお伝えいたしました。もしければ、フォローしてもらえると嬉しいです。