遊戯王デュエルリンクスのデュエルの設定、ルールについて、

実際の遊戯王のカードゲームと基本は同じ感じですが若干の違いがあるようです。

基本的な部分は同じ

初期のライフ、初期手札の枚数フィールドの横枚数やペンデュラムゾーンの有無
EXデッキの枚数など、基本は同じですが、数値が違ったり、ペンデュラムゾーンの様にデュエルリンクスでは無くなっている箇所もあるようです。

以下に、通常の遊戯王のカードゲームと、デュエルリンクスとの違いを表にしてみました。

 
デュエルリンクス
のルール
通常のルール
初期ライフ 4000 8000
初期手札 4枚 5枚
フィールド横幅 カード3枚分 カード5枚分
ペンデュラム
ゾーン
なし あり
デッキの枚数 20~30枚 40~60枚
EXデッキの枚数 5枚まで 15枚まで
 

フィールドの枚数について

下記画像を見ればわかりますが、フィールドの横幅は横に3枚しか慣れべれません

相手側に向かって前列がモンスターゾーン
手前側が、罠・魔法などのゾーンになっているようです。

そして、ペンデュラムゾーンは枠そのものが無くなっているようです。

 

バトルシステム フィールド枚数
まだ、公式にゲームが配信されていないので、なんともいえませんが、おそらくこういう感じなりそうです。

ペンデュラムゾーンがなくなることによって、幾分かは、遊戯王のマスタールールよりは、簡略的にプレイ出来るようですね。

 

デッキの枚数は20~30枚

デッキは最低20枚で、最大でも30枚になるみたいです。
また、エクストラデッキ(融合デッキ)は通常のカードゲームと比較すると5枚までと3/1にまで減っています。
デッキを構築するときにはOCG(通常の遊戯王のカードゲーム)とは違った戦術、戦略が必要になりそうです。

 

 

遊戯王デュエルリンクス攻略日記より
遊戯王デュエルリンクスの【デュエルリンクス】ゲームデュエル中のデッキ枚数や基本ルールを紹介!という攻略情報をお伝えいたしました。もしければ、フォローしてもらえると嬉しいです。